教育機関のコンテンツのKBARTタイトルリスト

ホールディングスレポートは、Librarian Portalのコンテンツページで入手できます。 


レポートには、所属機関がSpringerLinkおよびnature.comで現在アクセスできるすべてのコンテンツが含まれています。 


レポートを使用して、現在アクセスできるコンテンツを知ることができます。これらのファイルは、多くの発見システムの所蔵を更新するためにも使用できます。発見システムの更新を自動化することもできます。これについては、KBART Automationを参照してください。 


レポートは、NISO RP-26-2019の第2セクションで説明されているように、KBART Automationファイルです。つまり、各行は1つのタイトルごとの有効なライセンスを表します。ジャーナルの複数の範囲の問題にアクセスできる場合、各範囲には独自の行があります。 


注) Scientific Americanは、機関のKBARTファイルには表示されません。Scientific Americanの公開KBARTファイルは、Springer Nature Metadata KBARTのページにて掲載されています。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。